お問い合わせ

究極のジャケット仕上げ機 DF-200J

2月21日発売!

DF-200J

立体ボディ仕上機
DF-200J

旧来よりジャケット仕上げ機の
代名詞として親しまれてきた
「サンフォーマー」
三幸社の技術力を結集して
究極のジャケット仕上げ機として
新たな歴史にその名を刻みました。
使っていただく皆様の声にとことんまで応えた
数々の機能をあますところなく
ご活用ください。

XXSからXXLまで美しい仕上がり

■XXSからXXLまで美しい仕上がり

女性の5号から男性XXLまで
あらゆるサイズも余裕の仕上げ

これまで 無理とされてきた
女性の5号・7号サイズですが、
DF-200Jなら難なく
仕上げることができます。
三幸社設計陣がとことんまで
追求して作り上げた
新型人体機構により、
女性XXSから大型男性コートまで
さまざまなサイズの衣服が
簡単に美しく仕上がります。

クールダウンでシャープに成形

■クールダウンでシャープに成形

熱風で乾燥・仕上げ、
クールダウンでピシッと成形

強力な熱風で乾燥、仕上げを行った後、
冷風(外気)を送って強制冷却。
これにより衣類を成形し、
美しい仕上がりを長持ちさせます。
新開発のクールダウン機構です。

しっかり前押さえ機構

■しっかり前押さえ機構

ボタンを掛けなくても前部を
しっかり押さえるので、はだけない

新開発のクランプパッド素材と
動作機構により前部を
しっかり押さえますから、
ボタンを掛けずに
強いブロアを行っても
前部がはだけることはありません。
また、絶妙な押え圧なので
ボタンの跡がつきません。

このクラス最小 省スペース設計

■このクラス最小 省スペース設計

工場のスペースを有効に使うことができ、
しかもパワフル

たとえば人体の胴回り寸法は、
DF-200が業界最小。
小さいサイズの衣類に対応できるだけでなく、
機械のサイズもコンパクトにできました。
しかも風量・熱量はパワフルのまま。
ここにも三幸社の技術力が
色濃く反映されています。

エコで 環境と作業者にやさしい

■エコで 環境と作業者にやさしい

循環機構で熱気を再利用するので
燃費がよく、作業者も心地よい

仕上げ時の熱気を背面の
吸気口で吸い込み再利用。
これによりエネルギーを
効率よく使って費用セーブ。
エコカーテンにより
熱気を作業エリア外に逃がさず、
オペレーターも心地よく作業ができます。

■そのほかの価値ある特長

ここまで考えられた
ジャケット仕上機はかつてあったか?

そのほかの価値ある特長

■多機能だけど簡単操作

多機能だけど簡単操作



クリックでYoutubeにジャンプします。

DF-200J 立体ボディ仕上機

公開日 2018/02/13

再生時間 05 : 58

DF-200J 立体ボディ仕上機の紹介動画です。

■製品仕様

使用電圧 単相 200 V 最大消費電力 2.0 kW
空気消費量 5 ℓ/回 蒸気消費量 12 kg / h
使用空気圧 0.5 Mpa 使用蒸気圧 0.5 MPa
空気配管 3/8 B 蒸気配管 入1/2 B 出1/2 B
据付寸法
(幅x奥行x高さmm)
1110 x 900 x 2115 搬入寸法
(幅x奥行x高さmm)
935 x 755 x 1565
製品重量 160 kg その他 スチームトラップ標準装備

カタログ表示能力は弊社所定の試験条件のもとでの値です。実際のお客様のご使用環境(機械の周囲環境、電源環境、整備状況、衣服のサイズ・形、操作者の操作スピード・投入人員等)によりましては、数値の変動が生じる場合があります。

 

どのような事でもお気軽にご相談下さい!

お問合せはこちらからどうぞ。

 

Support & Contact | サポート・お問い合わせ

page to top